【仙台・大町の複合施設】Blankは、多様な顔が集まる拠点

今年6月、仙台市青葉区大町に複合施設Blank(ブランク)がオープンしました。

 

自然と調和した緑のカラーリングが特徴的なBlankの外観

Blankは「ワークライフバランスからワークライフシナジーへ」をコンセプトにした複合施設。

築46年の分譲マンションがアパートメント、SOHO、ワークラウンジ、カフェ、イベントスペースからなる施設へ一棟まるごとコンバージョンされました。様々な顔や機能を持っているBlankは、利用する方がご自身のライフスタイルに合わせて、自由に建物を使うことができます。

 

アクセス抜群、周辺環境最高、だから子連れママも嬉しい

地下鉄東西線大町西公園駅から徒歩1分というアクセスの良さ、ベビーカーで子どもを連れて訪れる際にも便利な位置にあります。

Blankがある大町には、緑豊かな青葉通りや毎年お花見で賑わう西公園があります。仙台の豊かな自然が感じられる街の代表と言ってもいいかもしれません。その一方で、美術館・博物館といった文化施設があったり、藤崎・仙台三越などの商業施設にも近いため、【賑わいと自然の調和】がとれた場所でもあります。

 

屋上からは大町西公園を臨むことができます

Blankの2階はラウンジ・シェアオフィス・会議室・シェアキッチンで構成されています。ラウンジには青葉通りに面した大きな窓があり、日中はたくさんの日差しが入りとても開放的な空間です。

オフィスに併設されているシェアキッチンでは、利用者の方が休憩中にコーヒーを淹れたり、ランチを作ったりと思い思いの時間を過ごし、交流の場にもなっています。

青葉通りに面したオフィスにはたくさんの日差しが降り注ぎます

 

また、Blankではシェアキッチンのレンタルも行っています。キッチンは対面式になっていて料理教室の開催、テレビCMや商品の撮影にも使われることも。
姉妹施設であるTHE6、TNERのキッチンと比較するとコンパクトな作りで、シンプルでおしゃれな空間と収納の多さなどの機能性が喜ばれています。

 

地域に開かれたローカルラウンジ

Blank1階のカフェ「Echoes」はカフェ、フードを提供するローカルラウンジ。青葉通りに面したテラス席が特徴的で、開放的なロケーションの中で食事やコーヒーを楽しむことができます。開店当初から行列ができるほど人気だったため、注目していた方も多いのではないでしょうか。
朝は8時にオープンし、時間に合わせてカフェやブランチ、夜はアラカルトとバーテンダーが作る様々なアルコールを楽しむことができます。

青葉通りに開けた作りになっているEchoes

 

Blankへの入居を決めた、5つの理由

入居者の武田さん

Blankのフリーデスク会員であるグラフィックデザイナー・フードフォトグラファーの武田佳奈美さんがお話を聞かせてくださいました。武田さんが感じている【Blankに決めてよかった5つの理由】を紹介しましょう。

★開放的な空間だったから
★施設の利用料がリーズナブル
★リラックスして気持ちよく作業に取り組める空間がある
★自分の時間と入居者との交流の時間のバランスが良い
★いろいろな交流ができて、プライベートも仕事も充実

 

旦那さんの仕事の関係で東京から仙台に引っ越しをすることになり、業務を全てオンラインに移行して働くようになりました。それに伴って初めのうちは自宅で作業していたのですが、仕事とプライベートの切り替えができず作業場所を探すようになりました。

最初はドロップインで数回利用させていただき、開放的な空間がとても気に入ったのでフリーデスク会員として入居しました。

とてもおしゃれで開放的な空間だというのが第一印象です。内装は落ち着いていてオシャレなラウンジのような雰囲気で、青葉通りに面した大きな窓が印象的でした。

施設の利用料もリーズナブルで、ドロップインの場合だと1日利用で1000円という手軽さにも非常に驚かされました。

リラックスして気持ちよく作業に取り組める空間だったことが決め手になりました。

他のシェアオフィスも利用したのですが、閉鎖的な空間でビジネスホテルのような印象を受けることが多くありました。そういった空間が個人的には苦手だったので、大きな窓のあるBlankを選びました。

Blankでは自分の集中できる時間もありつつ、利用者の方とコミュニケーションを取ることができる空間になっているところが一つの魅力だと感じました。

この場所を選んだことによってEchoesのスタッフの方や他業種の入居者の方とも交流をすることができ、仕事だけではなくてプライベートも充実したものになっていると思います。

武田さん、たくさんのお話、ありがとうございました。


いかがでしたか?
子どもとの散歩がてらフラッとカフェに立ち寄るだけでも、非日常気分を味わえそうな場所ですよね。
Blank、見学してみたいな!
詳しく話を聞いてみたいな!と思ったら、お気軽にお問合せください。

便利+機能+交流が、あなたの充実へつながる。
そんな居場所になってくれるはずです。

ホームページ:https://blank-sendai.jp

フェイスブック:https://www.facebook.com/Blank.sendai.jp

インスタグラム:https://www.instagram.com/blank_sendai/

(文:Blankコーディネーター 尾形郁哉/編集:mamaBEstyle!齋藤愛)

© 2022 mamaBEonline! - NPO法人エムケイベース