【ヨガママ★ルイ直伝】おすすめ!冬の健康法~その2~

フリーのヨガインストラクターとして活躍中のヨガママ★ルイこと、冨木留依さん。
現在2歳になる男の子を育てながら、お腹の中には新しい命を宿している妊婦さんでもあります。
そんな留依さんが、月に1~2回、mamaBEonline!に登場してくれることになりました。

子育て話はもちろん、現役ヨガインストラクターとして伝えていきたい知識や役に立つ情報を届けてくれます。

記念すべき1回目は、「冬の健康法」について。
今回は、その2をお届けします。

 

冬こそ、陽を浴びて、体を動かす

みなさん、こんにちは。ヨガママ★ルイこと、冨木留依です。

前回の記事でお伝えしたことのポイントを簡単におさらいしておきます。

✓寒さや天気の悪さで家にいる時間が長くなる冬。天気がいい日は、意識的に陽を浴びましょう
✓陽を浴びることで、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌されやすくなります
✓「セロトニン」は私たちの気分や食欲をうまくコントロールしてくれます

✓同じ姿勢はとらないようにしましょう
✓座ってテレビを観るにしても、10分〜15分ごとに姿勢を変えることが大切です

✓背骨と骨盤を意識的に動かしましょう
✓私たちが生活においていろんな方向に動くことができる(お辞儀、ねじる、反るなど…)のは背骨のおかげです
✓背骨が動くことで、正しい呼吸ができる、全身に血液や栄養がくまなく送られるようになります

 

おすすめポーズ1:キャット&カウ

キャット

★四つん這いになり、頭と骨盤を一緒に動かして身体を丸めましょう(キャットポーズ)

カウ

★キャットポーズから、みぞおちや胸を前側に見せるように開きましょう(カウポーズ)

この動作を、呼吸をしながら交互に繰り返します、5往復〜6往復できるといいですね。
この2つのポーズは、美姿勢づくり、肩こり・腰痛予防に効果を発揮してくれます。

 

おすすめポーズ2:膝立て体側伸ばし

膝たて体側伸ばし①

膝たて体側伸ばし②

★片膝立ち、片足を横に伸ばす。膝立ち側の腕をバンザイし、身体を倒しましょう。5~6回自然に呼吸します。

バンザイした側の胸に呼吸を入れるイメージを持ってくださいね。
美しいウエストラインづくり、肩こり・腰痛予防に効果があります。

 

子どもと一緒に、やってみよう!

子どもと一緒に♪

紹介したポーズは、どれも簡単にできます。
子どもと一緒にもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

また、夜のリラックスタイムや寝る前、子どもが目覚める前の朝にやることもいいですね。
時間にして、たったの5分!

冬の健康習慣にこの2つのポーズを取り入れてみてください。

 

冨木留依(フリーヨガインストラクター)

秋田県大仙市出身。 2011年大手スポーツクラブ入社後ヨガと出会う。 2019年フリーのヨガインストラクターとして独立。
2020年〜現在 泉区にある佐藤接骨院泉中央にてヨガレッスンを担当。
プライベートでは、 2018年結婚、2019年男児出産。 現在第二子妊娠中。

© 2022 mamaBEonline! - NPO法人エムケイベース