【夢をかなえる】絵本を出版した一児の母・みさきひかるさん

何か子ども達に残したい。想いを伝えられたらなぁ…

絵本『たいせつなたからもの』を出版したのは、みさきひかるさん宮城県内在住・一児のお母さんでもあります。

 

「私みたいなふつうの人が本を出すなんて、いいのかな…」

何年も悩みながら、それでもつのる想い。出版相談会に足を運ぶようになって、決心した絵本出版。
ひかるさんの熱い想いとその原動力に迫ります。

 

必要な人に届けたい、その一心

 

今まで幼児教育に携わることができた感謝と、想いを残したくなりました。

それに我が子から得た子育て経験は、私に学びをたくさん与えてくれているんです。

 

幼稚園教諭として20年以上幼稚園に勤務されたひかるさん。様々な想いと感謝が、言葉として溢れてきたと言います。

 

生きているうちに、やりたいことをやり尽くしたい

「私の独りよがりかもしれないけれど…」「私の勝手な想いなんですけど…」

ひかるさんは、こう話していました。

 

独りよがりでも、勝手な想いでも、「夢を叶えたこと」を、堂々と胸を張って伝えてほしいと思います。

 

想いをカタチにすることは、誰もができることではありません。
悩みや困難を乗り越えて、カタチを残したひかるさんの強さと情熱は、これまで携わってきた子どもたちにも、ご自身のお子さんにも伝わっているはずです。

 

誰かの心に寄り添える絵本でありたい

絵本『たいせつなたからもの』の主人公は、げんきがなくなっているソラン。そして、ソランが生まれる前から一緒にお空で遊んでいたリンリンです。

 

おうちの中でしょんぼりしているソランを、空から心配そうに眺めていたリンリンは、声をかけました。

 

「これから、きせつのたびにでかけよう。しぜんのなかで、いっしょにあそぼうよ」

ソランとリンリンの冒険がスタートします。果たして二人は、長い旅路で何を感じるのでしょうか。

 

実際に子どもに読み聞かせてみたら、どこか懐かしい香りがして、じんわり温かい気持ちになりました。子どもにとっては、かわいいイラストとやさしい言葉が、すっと心に溶け込んだようでした。

 

誰か必要な人に届いてくれたらいいな…
誰かの心に寄り添えたら幸せだな…
一人ひとりがありのままの、自分の良さを大切に、笑顔でいられますように…

ひかるさんは、こう言葉を寄せてくれました。

 


ひかるさんの絵本『たいせつなたからもの』は、下記から購入できます。
また、お近くの書店でもお取り寄せいただけます。

 

親子の絵本時間、ぜひ読んでみてください。

 

たいせつなたからもの | みさきひかる/作, マナティ/絵 |本 | 通販 | Amazon

© 2021 mamaBEonline!