【稲刈りイベント報告後編】体を動かして知る、感じる、お米の大切さ

9月19日に開催した、エムケイ田んぼ「稲刈り」の様子をお届けしています。

前編の記事はこちら:https://mamabeonline.net/mamabestyle/3967/

毎年機械で収穫している農家さんですが、「手刈りをやりたい!」という私たちの要望に応えてくださいました。

子どもたちは慣れるのが早い!!

稲の束をよく観察したら…太い束もあれば、細めの束もあったんです。
機械で植えるとそこは均一になりますが、「手で植えた感じがするね~」と笑ってしまうほどの差。
太い束を刈るのは、意外と力を使うんです。
でも、さすがコツをつかむのがはやい子どもたち。そんなことは気にもせず、作業を進めてくれました。

さくさくっと作業を進めてくれています

すべての稲を刈り終えたら、稲の束を、コンバインへ運んでいく作業へ。

みんなで手分けして運んでいきます

年齢関係なく、働き手です

作業がほとんど終わった状態で、「芋ほりもできるよ~こっちおいで~」と農家さんの声が聞こえてきました。
「やるやる~~~~」と一目散に駆け出していく子どもたち。

ていねいに土を掘っていきます

思いがけず、お芋の収穫ができて大満足!

その一方で・・・

参加してくれたパパさん、コンバイン試乗

パパさんは、人生初のコンバインに乗れて興奮!

大人だって「はじめての体験」にはワクワクするんです。農家さんの粋な計らい、ありがとうございます。

蛙見つけるのが楽しくなっちゃった

蛙を追いかけることに夢中になる子、ザリガニ探しを頑張る子…
子どもたちが自由に、のびのびと走り回る姿は嬉しくなります。
みんなでその様子を見守れる環境を与えてくれる農家さんに、感謝しかありません。

次回は「新米を味わおうの会」を10月16日開催予定。
絶対美味しいに違いない、新米!楽しみでなりません!

© 2022 mamaBEonline! - NPO法人エムケイベース