冬がやってきたぞ!雪遊びを楽しんじゃおう!【仙台市泉区】

今年も雪がちらつく季節がやってまいりました。
皆さん、冬タイヤの準備はばっちりですか?

夫の転勤のため、仙台に家族で引っ越してきて数年…。まだまだ雪に慣れてはいませんが、雪が降る期間を楽しまないわけにはいかない!!

ということで、冬の雪を楽しめる泉区内の施設をまとめてみました!
ぜひ、遊びに行ってみてくださいね!

泉ヶ岳スキー場

今年は、12月24日(土)にスキー場がオープン予定です。

泉ヶ岳スキー場には、無料の「チビッコそり場」が2か所あります。
そりを持って行けば、すぐに遊ぶことができます。

親としては、スキーやそり滑りを楽しませてあげたいと思うのですが、雪を見ただけでテンションをあげることができる子どもたち。意外にも100円ショップで買った砂場遊びセットやスコップのほうが大活躍なんです。
雪だるまを作って作って作りまくって、それで終わる日もあります。
大人が想像もしない遊び方を繰り広げる子どもたちに付き合うのは、正直しんどいですが、寒さ対策をしっかりして、一緒に楽しんでください。

泉ヶ岳スキー場は、アクセスがとてもいい点がおすすめ。
雪遊びは案外疲れるので、「帰りた~い」と駄々をこねても、すぐに帰ることができます。
スキーウェアのレンタルやスキースクール(5歳以上)もあるので、はじめてのゲレンデデビューにも最適です。

【アクセス】
泉中央駅から車で約30分。仙台市営バスで「泉中央駅」から「泉岳自然ふれあい館」バス停まで40分ほどで到着。
http://www.izumigatake.net/index.html

スプリングバレー仙台泉

泉ヶ岳スキー場から更に車で10分ほど登ったところにある「スプリングバレー仙台泉」。
標高が上がる分、雪の状態が安定している点が特徴です。
12月17日(土)一部オープン予定ですが、現在はまだ雪が足りないようです。

冬には、有料ですが、「雪の冒険王国」という、スノーパークがあります。
スノーエスカレータもあるので、雪を歩いて登っていかなくてもいい点は有難いですね。
遊具の種類も豊富ですし、そりも用意されているので、手ぶらで行くことができます。

またスキースクール(3歳以上)だけでなく、スノーボードスクール(4歳以上)もあるので、
教えることができない親御さんたちにとっては、心強い味方ですね。

雪の状態や混雑情報などは、随時HPで更新されていますので、お出かけの前に必ずチェックしてください。

【アクセス】
仙台市営バスで「泉中央駅」から「スプリングバレー仙台泉スキー場」バス停まで約50分で到着(期間限定運行)

https://www.springvalley.co.jp/winter

 

オーエンス泉岳自然ふれあい館

泉ヶ岳スキー場を更に奥に行ったところにある施設です。

ここは仙台市の生涯学習施設のため、冬季は個人利用はできないようなのですが、ふれあい館主催事業として、ディキャンプや歩くスキー体験会が開催されます。

わたしが子どもたちと以前参加した時には、スノーシューを履いて近くの森を散策し、ウサギや鳥などいろいろな動物の足跡の見分け方を教えてもらって、足跡あてっこゲームをしました。

下記ホームページや仙台市の広報紙に情報が掲載されます。ぜひチェックしてみてください!
https://www.shizenfureaikan.jp/

泉ピークベース

今年オープンしたばかりの「泉ピークベース」。
わたしは、まだ行ったことがありませんが、キャンプ場だけでなくコテージや温泉施設もあるそうです。

冬のキャンプは難しいことが多いですが、コテージなら雪景色を楽しみながら、ゆっくり過ごせそう。
それに、ワ―ケーションもできるそうなので、パパが働くそばで子どもたちは雪遊びを堪能する…なんてオシャレな光景もありそうですね。

【アクセス】
仙台市街地からほど近い泉ケ岳に誕生した、約9.58ヘクタールもの広大な敷地のリゾート・キャンプ場。
最寄りのバス停は、泉岳自然ふれあい館。
https://peak-base.com/

© 2023 mamaBEonline! - NPO法人エムケイベース