to Mama 現役ママのコラム

肩こりに悩むママ必見!正しいだっこ紐の使い方

肩こりに悩むママは多い

産後ママのトラブル

の代表とも言える「肩こり」。多くのママが経験している肩こりの痛みは、時に頭痛や吐き気までをも引き起こします。肩こりの原因は、長時間の抱っこや授乳の体勢による、肩回りの筋肉の疲労や血行不良によるものです。

小さな赤ちゃんを抱っこすると、知らないうちに肩の力が入ってしまうこともあるでしょう。気を張る瞬間も多く、いつも肩の力が入っていることが多いママ。肩こりを治すための時間をとることが難しいのも、ママの肩こりの悩みを深くしている原因ではないでしょうか。

ママの肩こりが起こる原因は抱っこ紐のかも

ママの抱っこを楽にするのにかかせないのが抱っこ紐です。

抱っこ紐の中には、新生児期から体重が20㎏になるまで使用できるものもあり、抱っこ紐とママのお付き合いはとっても長いのです。また、赤ちゃんは抱っこ紐に入ると安心して眠ってしまうことも多く、ママは一日中抱っこ紐を付けっぱなしなんてこともあるほどです。

そんな、ママと赤ちゃんの生活に欠かすことのできない抱っこ紐。付け方を間違うと肩こりの原因になってしまうこともあるのです。

  • 赤ちゃんがぶら下がっている。
  • 赤ちゃんの姿勢が正しくない。
  • 赤ちゃんとママの間に隙間がある。

本来はママを楽にするはずの抱っこ紐ですが、付け方を間違うとママの体に大きな負担をかけてしまいます。抱っこ紐は、赤ちゃんの成長や、パパとママの体系に合わせて適切に調節する必要があります。定期的に見直してみると良いでしょう。

ママの肩こりを改善。抱っこ紐の正しい付け方

抱っこ紐の正しい付け方には、いくつかポイントあります。ちょっと変えるだけで、体にかかる負担が大きく変わります。

赤ちゃんの頭にあごが届くこと

抱っこ紐の中の赤ちゃんの頭の正しい位置は、ママのあごが届く高さ。頭にキスできる位がちょうど良い位置です。ちょっと低めのママ、多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの姿勢はCの背中、Mの足

背中は自然なCカーブ、足は軽く膝を曲げたM字の状態が赤ちゃんの正しい姿勢です。抱っこ紐の中でも、同じ様な姿勢をキープする必要があります。

ストラップは正しい位置に

抱っこ紐を正しく付けるのに、必ずやって欲しいのはストラップの調節です。

お腹の脇にあるストラップはもちろんですが、背中の上の肩紐を引き締めるストラップの調節も重要です。ストラップを正しい位置にすることで、ママと赤ちゃんが適度に密着し、重心が1つになります。

ストラップを引いて長さを調節するのはもちろんですが、背中のストラップを上下に動かして高さを調節することも忘れないでください。

抱っこ紐を正しく付けて幸せな抱っこライフを

赤ちゃんは抱っこが大好きです。

抱っこをするとご機嫌になったり、泣き止んだり、ママの抱っこは赤ちゃんにとって、特別なものです。抱っこばかりで疲れてしまうことも、もちろんあります。抱っこをせがまれて、家事が何もてにつかないなんてこともあるでしょう。

そんなときに役立つのが抱っこ紐です。抱っこ紐で量でが自由になれば、ママも赤ちゃんもハッピーです。それに、抱っこ紐の中でスヤスヤ眠る赤ちゃんの寝顔は、絶景と言いたいほど可愛らしい。抱っこができる期間は限られています。抱っこ紐を正しく付けて、今しかない抱っこの時期を楽しみましょう。

 

おしゃれなベビーグッズなら



-to Mama, 現役ママのコラム

© 2020 mamaBEonline